Aピラー ウレタン充填など

日米で野球のトップ対決が続いてますね。
レッドソックス打線が強力すぎる・・・
マエケンの救援ダメだったかぁ~
前日、なんとか延長で1勝もぎ取っても、
もうリーチで後がない。
意地を見せてほしいもんですなぁ。

日本の方は・・・ あんま興味ないなw。
リーグ優勝した西武が出れないのも酷な話だし、
昔ほど熱も冷めちゃって、
U-23の試合見てるほうが盛り上がるわ(笑)


はて。週末ずっとでしたねぇ。
いやぁ。楽しくない。ε- (´ー`*)

なんもせずに終わる訳にはいかーんってことで

できることをやろう。

画像


リアウイング用のウレタンスプレーが余ってたんで、
Aピラーに仕込んでみました。
R34は純正で入っているらしいし、
ちょっとでも剛性、静音化できるなら、やっておこうかってお話。

腐ったり、修理できなくなる等の理由で
サイドシル充填には踏み切れてないけど、
これくらいはね~ (゚-゚*)ウフフ

充填後1日たってから走ってみたけど、ちょっとは良くなったかな?って感じ。
そんな簡単に劇的にならんかw

画像


画像


ちゃんと割れ補修もして、
ようやっとカバーの取り付けできたわいなぁ。

そそ、
Tバー埋めたんで
Aピラーのホースも外しました

画像


少しは軽量化になるかな?(笑)

純正のホースは経年劣化で短くなり、出口ホースとのジョイントが外れて
運転席側はリレーに雨水が当たって、錆びて誤動作するっちゅー
アホなことがあるんで、青いホースで延長かましてましたが
今回でお役御免となります。

空いた隙間は、バッテリー室内移設に使えるかな?

ま、色々妄想は描いてますよw

画像


後はコルトのEVC5設定を再度おこなってました。

本気汁だしたとき、瞬間で1.08までかかってたんで
ちょっと抑えないと不味いよなってお話。

回転軸に対する、ブーストを控えめにならして、
走行試験しては、オフセット微調整って感じ。

たぶん、これで瞬間的にはオーバーシュートで
1.02くらいの許容範囲で収まって安全快適仕様かな?

過走行の中古だから
壊れないように、気を使わないとね。

画像


安物モールが溶けて、サイドステップに垂れてるし( ̄∇ ̄;

ダメだな。
青空駐車しても、耐久性のある仕様を考えねば。

イメージだけ先行しても、メンテナンス性が悪いと、維持が大変になるだけだしね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント