コルトの異音対策に、ストラトベアリング取付

ってことで、GW明けの週末。
在宅勤務とかいっても、なーんもできないので
結局勤務していた実態(苦笑)
ネット化・電子化の遅い日本が露呈している訳ですなw
これを機会に、勤務体系ってのは見直した方がいいと思う反面、
日本って、膝つき合わせないとダメな民族よねとも思っちゃう。
それが礼って事だろうけど、柔軟性も必要かね。

はて。
コルトがクラッチ交換から上がってきてから、
どうもハンドルを過剰に切った時や、つよいブレーキをした時に
右前あたりから、パキパキ音がなることが、どうしても気になるんですよ。

最初は、ドライブシャフト抜いて作業したFFのクラッチ交換だから
施工不良か? と思ったけど

どうも、音の出かたが、どっかで聞いたような音だし
なんか車高調くさいのよね。

切り分けも含みで、ちょいと調査します。

ついでといっては何ですが、ストラトベアリングを導入

natsuki919-img900x1200-1586699644tuqqrk12690.jpg

こんな奴です。
バネの上側に挟んで、くるくる回りバネの捻じれを逃がしてくれる効果で
異音も抑えるというお話。
バンドリングも多少よくなるような事もあるらしい。

ほんまかいな?( ̄∇ ̄;
多少の疑問も持ちながら施工です。
ジャッキアップして、色々外してアクセス。

P_20200509_142453.jpg

外したところ、バネ203mmに対して約200mmと過剰なプリロードが掛かってる感じはなかったのですが
なんやろね。

とりあえず、清掃しながらバラします

P_20200509_142510.jpg

グリス入りの物を買ったんで、そのままぶっこみます。

P_20200509_143615.jpg

下から全部外さないといけないので、結構なお手間w

ようやっと一番上に到達

P_20200509_145359.jpg

P_20200509_145352.jpg

後は戻していくだけ。

バネ長203mm+ベアリング厚7mm プリ0にするなら210mmなんだろうけど
2mm増しの208mmに合わせますた。
実情、増し圧は3mm→2mmにしただけであんまり変わんないのですが
全部戻して、スラロームしたりしてインプレチェックしてみたんですが
最初の1発くらいは音したんですが、その後安定したのか
音は全くならず。 ・・・・消えた?

その後も買い物とかに使ったんだけど音は鳴らず。
解決かなー

原因はよくわからんのだけど、ドライブシャフトじゃなくて良かった良かった。

ふー。
後は雨に祟られて、ほとんど何もできず。

しけしけと内職でZの内装やりなおしをしたりしてました。

P_20200510_142539.jpg

今回、ちゃんとアンコ抜き(劣化したスポンジ剥がし)をおこなってますので
手間掛かってます( ̄∇ ̄;
指痛くなるわいなー そもそも妥協部分が多いから、剥離してきたりするんだろうなと。
自分の甘さに、しっぺ返し食らっているようなもんよねw

そんなとこでしたー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント